ムービーを見る

stock

  • 4WDバン (9)
  • ステーションワゴン4WD
  • 4WDバンスムージング
  • その他

HOME > WAGONEER HISTORY

WAGONEER HISTORY

1962年に生まれてから1991年に生産終了されるまでの30年間、基本コンセプトを守り続けたワゴニア。 毎年のようにモデルチェンジを行ってきた当時のアメリカ車を横目に、3つの自動車メーカーを渡り歩きながらもひたすらわが道を貫き通しました。そんなワゴニアも、外観上の変更点などを含め5度のモデルチェンジを施しています。

初代ワゴニア(カイザー)登場、直6 3,800ccエンジン
 
オプションでV8 5,400ccエンジン追加
 
フロントマスクを丸目2灯に変更。
上級グレードのスーパーワゴニア登場。V8エンジンが標準に。
 
スーパーワゴニアにV8 5,700ccエンジン追加。2ドアモデルの廃止
 
フロントマスク変更(2代目丸目2灯)
 
ジープの製造権がカイザーからAMCへ移行。
 
エンジンを直6 4,200ccに変更(スタンダードモデル)
オプションでV8 5,900ccエンジン
 
フルタイム4WD(クワドラトラック)登場。
 
2ドアモデル、チェロキー登場。
ワゴニアは上級モデルとしてV8・4WDのみ設定。
オプションで6,600ccエンジン設定1978 フロントマスク変更(角目)
 
現行チェロキー登場に伴い、名称をグランドワゴニアに変更。
チェロキーのグリルを変えてワゴニアと呼ばれるモデルも登場。
 
ジープの製造権がクライスラーへ移行。
 
グランドワゴニア生産終了

このページのトップへ